ひきこまれる

2017.03.18 Saturday

0
    DSC_2011.JPG
    梨木香歩さんの文章には

    読み手を
    グイグイと物語の中に引き込む力があります

    言葉がつながり文になる
    その文のひとつひとつに物語の情景を想像させる力がある

    そして
    私を物語の中に引き込んでゆく
    楽しかった

    人間と同じような生活をする生きもの

    例えば
    ムーミン
    コロボックル
    アリエッティ
    …不思議な生き物やコビトなど

    さらに
    河童、天狗などの生き物

    現代では
    それらすべては

    架空、空想、想像の中の生き物とされ
    物語や小説の登場物になっているが

    昔、昔、昔、昔、昔、昔、昔……
    本当にいたかもしれない!
    と私は考える

    人間は自分達が住みやすいように
    地球を改造してしまったので
    人間よりも少ない種族は
    滅んだのかもしれない

    昔昔々のずーーーーと昔は
    上手く共存していたのかもしれない
    と、私は考える

    もしかしたら
    今ももしかしたら
    地球上の
    人間が踏み込んだことのない場所に
    何かが生きているかもしれない
    でも人間には見つからないでほしい

    昨今はカメラの機能が素晴らしい
    体の中も鮮明に見れる
    その素晴らしい技術をもつカメラで木の中、土の中、草花の下、さらにドローンに乗せたカメラで木のてっぺんなど
    いろんな所を見ることができる
    だから
    もしも万が一
    「なにか生き物」がいるなら
    絶対に逃げてほしい隠れてほしい
    絶対に見つからないようにと願う

    そして
    もしかしたら
    これから!ずーーーと先の未来では
    全くの新しい「生き物」がやってきて
    人間との共存が始まるかもしれない

    そのときに人間がどのような生き方をしているのか
    わからないが
    地球上で人間は人間だけで生きているのではないので
    上手く助け合い共存できるといいのにと思う

    笑われそうな「ひとり言」を書いた(笑)

    現代の
    ゲームも楽しいだろうけれど
    絵を見て、想像を膨らませることも楽しいよ
    文字を読んで情景を思い浮かべてることも楽しいよ
    だから
    私は本が好き

































    スポンサーサイト

    2017.05.23 Tuesday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL