犬モモ吉の入院 2

2017.03.26 Sunday

0
    今日は犬モモ吉の面会に行く

    電車の時間を調べる

    あれ????
    今日は日曜!
    あれ?日曜の診察時間はお昼まで!
    面会は診察時間内!

    え!
    もしかして!
    今日は私は面会に行けない?
    行かれへんやん!!!

    アワワワワ!どないしよ!
    犬モモ吉が不安がる!
    どうしよ
    どうしよ
    どうしよ

    そや!!!!!!
    「ぎゅ」や!!!!!
    「ぎゅ」に行ってもらおう!

    快く引き受けてくれたのでありがたい

    病院への粗菓を託けて
    「宜しく〜」と送り出した

    30分ぐらいして
    「犬モモ吉どう?」とメールをする

    返事がきた
    「まだ病院に着いてない」

    失礼いたしました

    そして
    動画を送ってくれた
    ありがとう
    下写真は動画を切り抜きました

    IMG_20170326_112039.jpg

    帰宅して
    いろいろと話を聞かせてくれました

    自分で歩いてるとか

    体中に菌がまわらないように、点滴をしてるとか

    先生が注射するとき
    ぶるぶる震えて甘えて来たとか

    おやつを食べないとか


    いろいろと聞かせてくれてありがとう

    明日は私が夜に面会に行きます
    犬モモ吉の
    いつものご飯とおやつを持って。

    今日は「ぎゅ」が行ってくれて助かった
    ありがとう










    犬モモ吉の入院 1

    2017.03.26 Sunday

    0
      昨夜
      犬モモ吉は

      緊急手術・入院することになりました

      子宮に膿がたまってました

      下痢が始まった頃にさっさと病院に行くべきだった

      楽しそうにお散歩をするから
      大丈夫かな??とか思っちゃって

      ご飯も工夫したら食べるようになったし
      大丈夫かな??とか思っちゃって

      いやでも
      予防薬を最後まで飲ませなかったことがすでにアカンかったのかもしれない

      あぁ
      なんで私は
      いつも
      ぎりぎりまで「大丈夫かな?」と思ってしまうのか!

      昨日は
      「アカン!病院や!今日がぎりぎりや!」
      と判断
      やはり限界だった
      犬モモ吉の限界の日だった
      気づいたのは
      おしっこの色だ!
      薄い!ものすごく色が薄い!
      それで限界を察知!

      自分のときも限界まで
      大丈夫かな?
      大丈夫かな?
      まだ大丈夫かな?
      を繰り返した
      ある日突然の止まらない鮮血で
      限界を察知した
      翌日朝一番に婦人科に行った
      癌だった

      あぁ
      なんで私は限界になるまで
      ぎりぎりまで
      大丈夫かな?を繰り返すのか


      昨夜8時過ぎに麻酔
      犬モモ吉はすぐに眠るように力が抜けた

      上向きに寝かされて
      手足は白い縄で固定
      なるほど!
      人間のように手足の骨格が大の字にならないので
      縄で固定するのか、なるほど!

      お腹の毛ぞり
      お腹に消毒液
      準備オッケー
      いよいよ切開手術

      ビッビッビッビッと規則正しい機械音

      ときどき
      けたたましい機械音

      たまに、H2Oがどうとかこうとか機械が言う

      カチャカチャとハサミなどの音

      なんだか
      いつのまにか
      私は掌を合せぎゅっと握り目をつぶり
      祈っていた

      何分ほど祈っていたのか?
      掌が痒くなりハッと我にかえった
      痒くなった掌は真っ赤になっていた

      手術は順調と思えた

      床にシートが置かれた
      きっとシートに取り出したものを置くのだろうと考えていた
      先生が
      サッと素早く置いた
      初めて、生の内蔵を見た

      小学校の頃にフナの解剖はしたし
      魚の調理で腸とか取り出すよ
      でも
      哺乳類の生の内蔵を見たのは初めてだった

      驚いたが気持ち悪いとは感じなかった

      切開部が閉じられ
      傷テープを貼られて

      麻酔が切れ始めたのか
      そろそろと目が開いてきたのだろう
      助手さんが優しくヨシヨシと何度も撫でてくれていた
      優しくしてくれる心遣いが嬉しかった

      傷を舐めないように首には水色のエリザベスカラーをつけて

      終わったのは九時過ぎ

      犬モモ吉は術後用の部屋に入れられた
      酸素が流れている部屋
      私も術後に酸素マスクしたなぁとか思い出す

      目が開いてるので
      ガラス戸越しに
      呼び掛ける

      名前を呼ぶ
      頑張ったなと誉める
      大丈夫やでと励ます

      何度も繰り返した
      何度目かに私に気づいた
      起き上がろうとする
      何度も起き上がろうとする

      麻酔が切れたころは
      すごくしんどいことを私は知ってる
      お腹を切ったら力を入れると痛い
      だから起き上がれないことも私は知ってる

      犬モモ吉が私を見つけて
      起き上がろうとする

      麻酔が切れてしんどいはずなのに
      お腹を切って痛いはずなのに

      私は辛くて泣けてきた

      アカンわ。
      いつまでも居たら犬モモ吉が起き上がろうとするばかりや。
      アカン。

      帰ろうと決めた

      病院の皆さんに挨拶をして
      帰ることにした

      疲れた
      疲れたけど
      犬モモ吉が助かって良かった

      でも本当はまだ助かったとは言えない

      菌が体中にまわっていないことを祈らなければ!

      明日、面会に行くことにして
      とりあえず帰宅して私も寝る















      プロ(笑)

      2017.03.23 Thursday

      0
        DSC_2006.JPG
        「プロ患者」
        患者にプロなんてあるんや〜(笑)(笑)(笑)

        朝日新聞日曜版の
        「知っ得なっ得」で連載されてた
        「賢い医者のかかり方」の最終回の記事


        この記事によると
        医者にかかる10カ条は

        1、納得できないときは何度でも質問をする

        2、(病状やわからないこと、不安を感じることなど)伝えたいことは事前にメモしておく

        3、(お医者さんの説明も)大事なことはメモをとって確認する

        4、自覚症状や病歴は、患者が伝える大切な情報(正確に伝えるように心がける)

        5、(治療中や再診時は)その後の変化も伝える努力

        6、これからの見通しを聞く

        7、(お医者さんとの)より良い関係づくりは患者にも責任がある

        8、対話の始まりは挨拶から(診察室に入ったら、まずはあいさつを交わしましょう)

        9、医者にも不確実なことや限界がある

        10、自分が受ける治療は自分で決める(という姿勢を持ちましょう)

        以上

        そうですね
        とても大切なことばかり書いてくれてました

        でもきっとこれらは
        普段の生活では誰もができている普通のことでしょうね

        それが
        病気になって気落ちしているときは

        当たり前のことに気が回らなくなります

        質問したいことすら自分ではわからない
        メモ?忘れる忘れる
        先生の言うたこと聞いたとたんに勘違いする
        挨拶する元気もない
        医者を全面的に信じて頼るばかり

        まぁこんな感じですね

        でも!
        いつまでも気落ちしてても仕方がない!
        だから
        早く立ち直ることが重要ですよ

        立ち直ると言うか
        開き直ると言うか
        病気を受け入れることです!

        自分の「今」を受け止めて次に何をすべきか考える!
        闘うのです!
        闘病です!

        でも「早く」と言うても人それぞれです
        だから
        焦ってはだめです
        必ず時はきます

        人は人
        自分は自分
        自分のペースでいいのです
        そして
        受け入れて受け止めても
        闘いながら
        やはり
        気落ちもするのです

        心は明るくなったり暗くなったりを繰り返します

        それでいいのです

        病気になることは
        自分の人生のひとつです
        しっかりと自分自身と向き合って
        悲しんだり
        泣いたり
        腹立てたり
        しながら
        笑えるのです

        闘病するのは自分だけど
        周囲の人が居てくれるから自分が居てるのです
        だから
        感謝を忘れてはいけないと思う
        心が苦しくなっても
        感謝を思い出すと
        心は優しさを思い出します
        すると笑顔になれます

        病気も闘病も人それぞれですが
        周囲の人への感謝の気持ちはきっと皆、同じでしょう

        病気になっても
        「医者にかかる10ヶ条」ができる
        「プロ患者」になりましょう(笑)






















        やはり…でた!

        2017.03.21 Tuesday

        0
          昨日から

          なんかしんどいなぁー
          怠いなぁー
          って
          思ってたら

          やはり
          でた!

          下唇に熱のはな・ヘルペス

          やはり
          疲れていたか

          お腹も調子悪いし

          季節の変わり目は要注意やな

          そや!
          犬もも吉!
          お腹くだしてるねん
          明日は病院に連れていきたいなぁ
          行けるかな?
          どないしたんやろなぁ?
          かわいそうに…









          ひきこまれる

          2017.03.18 Saturday

          0
            DSC_2011.JPG
            梨木香歩さんの文章には

            読み手を
            グイグイと物語の中に引き込む力があります

            言葉がつながり文になる
            その文のひとつひとつに物語の情景を想像させる力がある

            そして
            私を物語の中に引き込んでゆく
            楽しかった

            人間と同じような生活をする生きもの

            例えば
            ムーミン
            コロボックル
            アリエッティ
            …不思議な生き物やコビトなど

            さらに
            河童、天狗などの生き物

            現代では
            それらすべては

            架空、空想、想像の中の生き物とされ
            物語や小説の登場物になっているが

            昔、昔、昔、昔、昔、昔、昔……
            本当にいたかもしれない!
            と私は考える

            人間は自分達が住みやすいように
            地球を改造してしまったので
            人間よりも少ない種族は
            滅んだのかもしれない

            昔昔々のずーーーーと昔は
            上手く共存していたのかもしれない
            と、私は考える

            もしかしたら
            今ももしかしたら
            地球上の
            人間が踏み込んだことのない場所に
            何かが生きているかもしれない
            でも人間には見つからないでほしい

            昨今はカメラの機能が素晴らしい
            体の中も鮮明に見れる
            その素晴らしい技術をもつカメラで木の中、土の中、草花の下、さらにドローンに乗せたカメラで木のてっぺんなど
            いろんな所を見ることができる
            だから
            もしも万が一
            「なにか生き物」がいるなら
            絶対に逃げてほしい隠れてほしい
            絶対に見つからないようにと願う

            そして
            もしかしたら
            これから!ずーーーと先の未来では
            全くの新しい「生き物」がやってきて
            人間との共存が始まるかもしれない

            そのときに人間がどのような生き方をしているのか
            わからないが
            地球上で人間は人間だけで生きているのではないので
            上手く助け合い共存できるといいのにと思う

            笑われそうな「ひとり言」を書いた(笑)

            現代の
            ゲームも楽しいだろうけれど
            絵を見て、想像を膨らませることも楽しいよ
            文字を読んで情景を思い浮かべてることも楽しいよ
            だから
            私は本が好き

































            ふむふむ

            2017.03.17 Friday

            0
              DSC_2007.JPG
              ふむふむ(笑)
              うんうん(笑)
              わかるわかる(笑)
              読みながら納得納得(笑)

              昭和の話にふむふむと納得する
              私もすっかり「昭和生まれのおばちゃん」になったなぁと感じる(笑)

              一番納得できたのは
              土地の言葉

              抜き出してみる

              「大阪人は方言を話しているという意識などまるでない。方言という概念さえ持っていない。」

              そのとおーーーーーーーり!!!

              大笑いした(笑)
              とは言え
              私の生まれ育ちは大阪でも南なので
              「…おます」
              「…でんねん」
              は言わない
              だから
              大阪の電車のアナウンスが大阪弁じゃなくても良いと思う
              なにも違和感はない

              逆に
              「次は新大阪でおます〜」
              とアナウンスが流れたら
              むかつく

              「次は新大阪やで〜」ならオッケーだ

              しかし
              数年前から大阪弁が東京で人気があるらしい
              だから
              「せっかく大阪に来たのにアナウンスは普通」
              それはきっとガッカリしたことだろうと笑える

              読みながら私は呟く
              「すまんのぉ〜」
              「すんませんなぁ」
              「ごめんやで〜気ぃ悪せんといてなぁ」
              (笑)




























              ええなぁ

              2017.03.16 Thursday

              0
                DSC_2003.JPG
                ええなぁ
                やっぱりええなぁ

                読みやすいし
                穏やかだし
                きれい

                北村 薫さんの作品
                ええなぁ
                やっぱりええなぁ









                最終日

                2017.03.15 Wednesday

                0
                  最終日に駆け込む

                  確定申告

                  もも吉は確定申告を
                  するほどでもないが

                  去年は医療費が多かった

                  ???????

                  なんかそんなに病院に行ったかな?

                  ??????????

                  朝、8時に到着するが

                  すでに20人ほど並んでる

                  しくじった!!

                  待つのみ!

                  寒!


                  8時半に
                  入り口を開けてくれたので
                  暖かい中で
                  椅子に座って待てます
                  もも吉は15番目でした
                  始まるのは9時なので
                  もう少し待ちます
                  26番目以降の人は
                  椅子がないので立ち待ちです
                  こどもがぐすって泣いてます
                  幼児連れの人は大変です
                  家のパソコンはネット接続をしてないので
                  今年もここに来て作成するけど
                  スマホやタブレットで申告書の作成ができるんや!
                  知らなかった
                  来年は絶対にスマホでする!!!




























                  急なことで

                  2017.03.12 Sunday

                  0
                    急なことですが

                    行かなアカン所ができて

                    昨日は午後に休日をもらい行ってきました

                    南へ走り

                    ちょっとこの道の駅で休憩


                    そしてこの道をまっしぐらに進む


                    到着した
                    「行かなアカン所」は
                    ここ


                    淡島さん
                    人形の供養をお願いしに行きました


                    ここに来るのは2回目
                    以前に来たのは

                    闘病中だった

                    そのときに

                    この柱の穴を
                    悩んだあげく勇気を出して
                    「無事に治りますように」と祈り、抜けようとした

                    頭を入れた途端に

                    目の前と周囲が真っ暗になり

                    穴の出口がわからず怖くてもがいた

                    一緒に行った友人の声が聞こえた
                    「がんばれ!もうちょっと!」

                    それでやっと抜けることができた

                    出れてホッとしたが内心では
                    「まだまだ退院できそうにないな」と深刻になった

                    きっとこんな不思議なことは
                    誰も信じてくれないだろうと思うので
                    今まで誰にも言わなかったが

                    次に行ったときもチャレンジしようと決めていたので

                    真っ暗になり出口がわからなかった話を「ぎゅ」に言ってみた

                    やっぱり!!信じてない顔をした

                    はいはいええよええよ

                    そしてチャレンジ!
                    大丈夫、今回は病気を抱えていないのでスムーズに出れた
                    ありがとうございました


                    あの時の不思議体験は忘れることができない

                    さて
                    無事にくぐり抜けることができて
                    無事に人形の供養も終わらせた
                    (どちらがメインだか(笑))
                    では
                    美味しいもんを食べよう!
                    ここで


                    食べたのはこれ


                    わさびスープに刻みわさびをいれる
                    味が引き締まってさらに美味しくなる

                    しらす丼のご飯が残ったら
                    スープに入れて雑炊にしてたべる




                    美味しかった
                    ごちそうさまです

                    お腹が膨らんだら散歩

                    海がきれい


                    テトラポットがデカイ


                    テトラの上を歩く「ぎゅ」
                    でかさ、わかりますか?


                    この方が大きさがわかるかな?
                    テトラの中に座る「ぎゅ」


                    波が規則正しい


                    丸く窪んだ面白い石


                    これは穴が開いてる(笑)向こうが見える(笑)


                    ここで見る夕日は美しいでしょうね〜
                    でも
                    帰路につく

                    途中の街並みが夕焼けに照らされて
                    美しい朱色に輝きだした

                    車のサイドミラーに夕日が見える


                    やはり車を停めて眺めたい

                    間に合った


                    カモメが


                    頑張って「カモメ撮り」をしていると

                    団体で飛んできた



                    すごかった!

                    日が落ちた海沿いは寒い寒い

                    岬公園裏の道を帰る
                    初めて通る道
                    ここが大阪であることを忘れるような道だわ(笑)

                    ヒロ爺が寄ったログハウスがあったので
                    もも吉達もちょっと休憩する
                    もも吉が退院した頃に
                    このお店の写メを送ってくれた

                    ここ



                    注文したのはこれ
                    アイステイーの大きさに驚いて笑えた



                    すっかり夜になり

                    「ぎゅ」が
                    飯は?

                    もも吉、驚く
                    「まだ食べるん!」

                    結局
                    ラーメン屋に


                    バタバタと休日になり
                    慌てて「行かなアカン所」に出掛けたけど
                    楽しかった

                    洒落た雑貨屋さんも見つけて
                    楽しかった

                    晴れてて良かったわーーーーーー


















































































                    いややねん

                    2017.03.10 Friday

                    0
                      もういややねん
                      お薬の入ったご飯
                      もういややねん

                      1週間、頑張った!

                      病院の先生も
                      治ったって言うてくれたのに

                      なんでまだお薬、続くの?

                      もういややねん

                      もしもぶり返したらアカンから
                      あと1週間は薬を続けましょう
                      って
                      もうええのに
                      お薬の入ったご飯
                      もういややねん
                      (今朝の犬もも吉の心の声)

                      20170310075339.jpg
                      今朝
                      犬もも吉がご飯を残した

                      どんだけなだめても
                      今朝はダメだった

                      食べてくれない

                      しゃあないなぁ〜
                      今朝は許したろ!